ネクストジャーニー 世界一周と自転車

世界一周の日記とか情報を書き残す為のブログ

ミャンマー自転車旅まとめ

■地図

・期間:2019/7/25 - 2019/8/19
・日数:26日
・距離:1282 [km]
■ビザ・出入国審査
 2019年現在、日本人はノービザで30日の滞在が可能。2019年9月までの試験的処置は更に1年間延長されるとのこと。
 入国/出国審査:問題なし。入国/出国カードに必要事項を記載しパスポートと一緒に提出。顔写真を撮影し入国/出国スタンプを押されて終了。質問もなかった。
■言語
 ミャンマービルマ)語
 他の東南アジア諸国と同様、観光地以外では英語を理解する人は少ない。ミャンマーはイギリス植民地だったこともあり英語は通じやすいと聞いていたがどっこいどっこいの印象。
 ありがとうございますはチーズテェンバーレー。ありがとうはチーズーバー。こんにちははミンガラーバー。発音が難しく覚えるのに苦労した。
■通貨
 ミャンマーチャット。2019年8月現在だと1000チャットが70円程度。ATMで引き出すことができる。最高額紙幣は1万チャットの様だが地方では5000チャットが最大でATMでも5000チャット札で引き出される。タイ国境の町だと30万チャットまで引き出し可能で、すべて5000チャットででてきたので財布がパンパンになってしまった。ヤンゴンでは60万チャットまで引き出し可能で1万チャット札と合わせて引き出される。手数料は引き出しの際に表示されなかったが5000チャット程度の模様。硬貨はない。
■宗教
 仏教。キリスト教。その他(ナッ信仰)。
 基本的にはほぼ仏教。イギリス植民地の影響でキリスト教は大都市には大聖堂があるが一般的には普及しているようには見えない。注意点としては仏教寺院では裸足にならなければならないということ。靴下も禁止の徹底ぶりである。脱ぎきしやすいサンダルがオススメ。パゴダとかでは普通に犬のうんことか遺跡ではコウモリの糞尿が落ちていて個人的には裸足は嫌なのだが、これがミャンマー文化なので受け入れた。
■単位
 現在はSI単位系を使っているがイギリス支配の影響で年配者は未だにマイルを使用している。
■気候
 南部は毎日雨に降られた。中、北部では雨は減るが土砂降りになると長続きする。一般的に5月から10月くらいまでは雨期らしく、ヤンゴンまでは曇り空で周期的に雨に降られる毎日だった。中、北部では乾燥地帯になるが雨が無くなるわけではなく土砂降りは普通にある。特にバガン周辺はドライリバーが多いので雨が降ると道路が寸断されるので注意。一日中雨になることは他の東南アジア諸国同様少なく、降ったり止んだりを繰り返すことが多い。ミャンマーの雨期には毎年洪水が発生しているので雨期に走行するチャリダーは注意されたし。今年も南部地域で洪水が発生してニュースになっていたし、マンダレーからタイ国境に向かうバスでは6時間近い大幅な遅延が発生した。
■治安・人柄
 良いと思う。ただしヤンゴンでは詐欺が横行していると聞くし、実際に被害にあったという人にも会った。具体的には無料で観光案内をしてあげると言って、後から金を請求するパターン。財布を見せてと言われ渡すと金を抜かれるらしい。自分の体験ではバガンで村を案内してあげるというおばさんがいたので10分程ついていったら5000チャットを請求された。仕方ないので2000チャットをあげた。親切な人も多いのだけれどぼったくりや詐欺まがいの行為をする人が多いなあという印象を受ける。なんとなくインドのイメージがぴったりくる。
■物価・食事・水・衛生面
 物価は東南アジア諸国中でも安い。食事も良い店にあたれば一食1000チャット(70円)で満腹になれる。食に対する満足度は一番高い。基本的にカンボジアと同じで沢山並べられた鍋におかずが入っており、一品注文すると生野菜とかスープ(酸っぱいが脂っこい料理には合う)とかが一緒についてくる。ごはんも山盛りで盛ってくれるし、タイと違って辛くない。最高。ただし、油が多いので良く腹を壊していた(多分油が劣化している)。こういった定食で1500から2500チャット。2500チャットのところは多分ぼったくられていると思うけど、とにかく腹いっぱい食えたので、まあいいかという気持ちになっていた。
 600mlのコークが500チャット(35円)。1Lの水300チャット。ここでも引き続き水は購入していた。がゲストハウスにはウォータサーバーが用意されているのでそんなに買うことはなかった。
 衛生面はカンボジアベトナムと同程度かなと言った印象。よく腹を壊したので。

■宿泊地
・探し方:グーグルマップで検索。レビューを見て決める。有名観光地や大都市は予約サイトで検索。
 ある程度の町であれば宿は検索で引っかかるのでレビューを見て値段などを下調べてしていった。外国人が英語でレビューが書いてあれば泊まれる可能性が高い。
 ミャンマーでは外国人はライセンスのある宿しか泊まれないという中国と似たルールがあり、宿探しはベトナムカンボジア、タイと比べて難しい。しかし今はネットの情報が充実しているのでそこまで困ることはないと思う。ちなみに野宿は禁止されている。バゴー周辺で野宿をしていたスペイン人サイクリストが襲われたことがあるという情報をネットで見たので野宿は避けるのが無難である。あと、小さい町の宿は値段が高く2万チャット以上する場合があるので節約派には悩ましい。バス移動も手である。安いし。
 基本的に2万チャット以上の宿はエアコン完備で設備もきれいなものが多い。1万チャット周辺だとファンのみとかWIFIが無いとかそういう宿が多い。朝食が付く宿が多かった。
WIFI・電源
 コーカレイ(Kawkareik)の宿ではWIFIが無かったが、その他の宿では基本的にWIFI有り。電源も普通にある。ただし停電が頻繁に発生するので充電できる時にしておくべきだ。
■道路・交通マナー
 右側通行。日本の中古車が多数走行しており、右側通行に関わらず右ハンドルの車をよく見る。
 2019年現在多くの道路を舗装整備中で悪路が多かった。もう何年かするとまともに走れると思う。路肩は牛車通行の為に意図的に未舗装にしているような箇所が多かった。
 交通マナーは悪い。基本的にはベトナムと似ている。クラクションは挨拶みたいなもんだ。
 ベトナム同様頻繁に料金所が出現するが、2輪車は払う必要はないようで料金所をバイパスする脇道が併設されていることが多い。まぁバイクの動きにそっていけば大丈夫。

自転車店
 ミャンマー自転車屋はあてにならないと思っていたが、そこそこまともな店は道中で見かけたし、多少の修理であれば全然できそうだと感じた。あと日本の中古ママチャリが多い。売っているチューブは専門店以外では基本的に米式バルブのみと思った方が良い。
■その他
 ミャンマーは長年軍事政権だった為、未だ多くの外国人立ち入り制限区域が設けられている。じゃあ実際にどこがダメなのよと今回事前に調査したのであるが、ざっくりとしたリージョン単位の情報しか得られなかった。Myawaddy - Kawkareik 間とかホントはダメなんじゃないかと思っていたが、パスポートチェックが検問であったくらいで問題なく通過できた。今回通ったルートであれば特に制限なく通行できたので情報としては有益かなと思う。もっとも既に先行しているチャリダーがおり、自分はそれをなぞっただけに過ぎないが。
■トラブル
 バガン周辺で豪雨にあい、川で道路が寸断されて2時間以上待たされた。
 タイへ戻るバスが大幅に遅延。10:30着の予定が実際には17時着なんてことになった。
■感想
 インフラは遅れているけど、ミャンマーの自然や文化は旅をしていて楽しかった。日本と似た文化が多々ありとても興味深い国である。まだまだ見足りない。アジア最後のフロンティアと呼ばれて久しいミャンマーだが、フロンティアは消えつつあるのかなと急速に発展するヤンゴンを見て思った。これからどんどん経済発展して消えてしまう景色も多くなると思うので、そうなる前にもう一度訪れたいと強く思っている。

カンボジア自転車旅まとめ

■地図

 ・期間 2019/6/14~2019/7/4
・日数 21日
・距離 931 [km]
■ビザ・出入国審査
 カンボジアはビザ必須。国境にてアライバルビザを取得するかインターネットで電子ビザを取得するのが一般的。今回は国境にてアライバルビザを取得。
 観光ビザにて30日の滞在が可能。料金は30米ドル。米ドルでの支払いになるため、予めビザ代分の米ドルを用意すること。今回はホーチミン市にて余分なベトナムドンを米ドルに両替していった。
 入国時:一部問題あり。アライバルビザ取得時にビザ代と別に2ドルの賄賂を要求されたがつっぱねた。入国審査自体はスムーズに進んだ。指紋採取と顔写真の撮影有り。質問なし。
 出国時:問題なし。出国カードの提出と指紋スキャンと顔写真撮影があるが手続き自体はスムーズ。ただし、バスの団体がやって来ると列ができて10分程待たされる。
■言語
 クメール語。アルファベットでなくなるので看板の文字が全く読めなくなる。ただし宿の看板には大抵ゲストハウスと英語で書かれているので困ることは少ない。また宿には英語が喋れる人間が1人はいたので意思疎通も困ることは少なかった。食堂のおばちゃんは英語を喋れないが、ジェスチャーでなんとかなる。
■通貨
 米ドルとリエル。主に欧米人の多い観光地では米ドルがスタンダードに流通している。リエルはカンボジア独自通貨で田舎や現地人の多い場所では基本的にリエルを使う。
 1ドルは4000リエルと等価として扱われるが、両替すると1ドル4080リエルになるのでリエル払いした方が若干お得。なお米ドルにおける補助単位のセントは無いので0.5ドルと言った商品はリエルで払うことになる。食堂なので食事をした場合や田舎の宿のおつりはリエルで帰ってくるのが普通。
 米ドルに関しては扱いに注意が必要で古いデザインの紙幣は使えなかったり、汚れていると受けとってもらえない場合があるとのこと。幸い今回そういったことはなかった。
 ATMでは安くても4ドルの手数料がかかるので注意。自分はよくABA銀行を利用していた。手数料4ドル。リエルの引き出しも可。引き出す際には200ドルと言ったきりの良い数字だと100ドル札で出てくるので190ドル等の端数が出る数字でやると良い。(100ドル札は高額過ぎてカンボジアでは非常に使いづらい)
 100ドル札を崩したい場合は、両替所で30ドル分をリエルに両替するなどするか大きなショッピングモール行くと良い。
■宗教
 仏教。托鉢をするお坊さんをよく見かけた。寺も多く仏教国である。
■単位
 SI単位系。特に混乱はなかった。
■気候
 暑かった。日差しが出ると35℃は優に超える。1日に1回はスコールに降られたが10分程度で過ぎ去っていくことが多かった。
 水分補給が重要になってくるが、幹線道路沿いには民家兼雑貨屋が点々と存在している為、補給は容易。逆に幹線道路から一歩離れると何もない無補給地帯へと早変わりするので注意が必要だ。
■治安・人柄
 良い。普通にベトナムと同じくらいだと思った。晩飯を食べるために日没後にウロウロしてても怖いと思うことはなかった。ベトナムよりもぼったくってやろうとする人も少なかったし。
 自転車で道路を走っていると現地の子供からハロー!ハロー!と声を掛けられるのは地味にうれしい。
 観光で来る外国人が多いからだからか英語が理解できる人が多かった。
■物価・食事・水・衛生面
 宿は扇風機のみ個室部屋で一泊6ドル程度。ドミトリーエアコン有りで一泊4ドル程度とかなり安い。なのでカンボジアでもベトナム同様に毎日宿に泊まっていた。
 食事はベトナムより若干高くなった。田舎の食堂で一食1ドルちょい(5000リエル)とかだったけど、観光地では3ドルとか安くてもした。
 水も引き続き購入していた。1.5Lの水で2000リエル(50円)とかかな。ベトナムと大差ない。
 衛生面ベトナムと同程度だけど、若干ましな部分もあり。基本的にコップにはストローが付いてくるのでコップの淵の口を付ける部分は汚くならない。ベトナムと同じくコップも洗わずに使い回しが多いのだけど、これならまだ我慢できる。食堂のおかずは蓋つきの鍋の中に入っているので虫などが入りにくい。
■宿泊地
 すべて宿に泊まった。扇風機のみで6ドル程度が相場で、エアコン付きの部屋にすると倍の12ドル程度が相場となる。基本的にベトナム南部と同じで水シャワー。
 部屋は広く無料の水ボトルが2本ついてくるのが基本。ある程度の値段交渉も可能。
・探し方
 Googleマップで検索をすると大抵の町ではゲストハウスが表示されるのでレビューを見て宿を決めた。Booking.comなどの予約サイトはプノンペンやシュムリアップの都市では重宝するが地方の町では全く役に立たない。ゲストハウスには基本的に英語も併記されているので見つけることは難しくない。
 村程度の小規模な集落ではゲストハウスの表記を見なかったので、宿を決める際には町程度のそこそこの規模の所を目的地として行動していた。

 ホームステイタイプの宿には看板など全くないので現地の人に聞くか、実際に家に言って尋ねるしかない。
WIFI・電源
 今回泊まった宿でWIFIが無いという宿は2件。いずれもホームステイタイプの宿で宿と言うよりは部屋の一室を借りるという感じ。ゲストハウス等のちゃんとした宿泊施設ではWIFIは当然ある。ただし、ネットワークエラーで接続できない宿もあったので(そこでは部屋を変えてもらった)部屋を決める前にWIFIの接続は確認した方が良い。
 宿に泊まれば電源は必ずあるので心配無用。変換アダプタ無しで使える。
■道路・交通マナー
 右側通行。交通量が都市部を除いて減るのでその為かマナーも良くなった。クラクションを鳴らされることはまれである。と言うかベトナムが悪すぎるのか?都市結ぶ幹線道路は日本の支援で整備されている為非常に走りやすい。路肩も広く快適な走行が楽しめた。ただし都市部では舗装されているもののデコボコが異常に多く、自転車のハンドルに固定していたスマホが何度も振動ではずれ落下するという事態が発生。走り辛かった。
 幹線道路の橋の多くは日本が設置しており、日本の国旗を多く見かけた。
 幹線道路を外れると直ぐに未舗装になるので注意。国道以外のメジャーでない道は赤茶けた土のデコボコ未舗装路になる。
自転車店
 首都プノンペンとシュムリアップではまともな自転車店がありパーツ補給や修理が可能だと思う。田舎ではバイク修理屋はあれど自転車屋はない。
■トラブル
 プノンペンにて走行中にスマホが落下。急ブレーキしてスマホを回収しようとしたところ、後続のバイクに追突された。おかげで後輪のスポークが曲がりタイヤが歪んでしまった。
 急ブレーキしたこちらにも非があるので相手と少し会話して終わり。
■感想
 アンコールワットの寺院など世界遺産は素晴らしかった。道端の子供達もハロー!と声を掛けてくれるし自転車で走っていて楽しい国だった。

ベトナム自転車旅まとめ

■地図

・期間:2019/4/17から2019/6/13
・日数:57日
・距離:2499 km
■ビザ・出入国審査
 中国-ベトナム:問題なし。中国側の両替商は少ないのでベトナム側で両替するのが良い。
 ベトナム-カンボジア:問題あり。出国時に賄賂要求あり。
■言語
 ベトナム語

 基本的に田舎では英語は通じずベトナム語のみとなる。ベトナムでは物の値段が基本的に表示されていないので「いくら?」と言ったフレーズは覚えておいた方が良い。

 スマホアプリである指差し会話帳も役に立った。
■通貨
 ベトナムドン
■宗教
 仏教、キリスト教道教など

 仏教寺院が多い、次いでキリスト教会。フランス統治の影響がありキリスト教会はアジア圏では多いと思う。
■単位
 SI単位系。これは日本と変わらない。
■気候
 北部は暑い、中部はとても暑い、南部は暑いが曇りの日が多い。

 高温多湿の環境は非常に厳しかった。辛さだけで言えばデスバレー以上に辛かった。多湿の環境では汗をかいても蒸発せず、体温は高いまま水分だけ消費する状況になるため。一度熱中症か食中毒かわからないが頭痛と吐き気が治まらず2日程休養を余儀なくされた。
■治安・人柄
 治安は良いと思う。晩飯は日没後、つまり夜間に外出して取るとこが多かったけど怖いと思ったことはなかった。
 観光地のナイトマーケット等ではスリに注意するようガイドブックで警告がなされているが、これは日本でも同様だと思う。
 ベトナム人は中国人と違いフレンドリーな人が多い。これはラテン系のウザイノリではなく話しやすい人が多いという意味だ。
 こちらがベトナム語が分からんくてもジェスチャーで何とか対応してくれようとする。中国の人は割と言葉が喋れないと門前払いされるのでこの点は本当にありがたい。 
■物価・食事・水・衛生面
 物価は日本の半分かそれ以下。中国よりも更に物価が安くなったと感じる。
 例えば食事に関しては一食で2万ドン(100円)から3万ドン。330mlの飲み物カンは1万ドン。水1.5L1万ドン。
 北部と南部で物価が変わってくる。北部の方が食事の値段が高く、南部の方が安い。
 ヌクミアと呼ばれるさとうきびジュースは北部では1万ドンが相場だが、南部では5千ドンが相場だった。この理由としてはメコンデルタ擁する南部の方が穀物生産値として規模が大きく、北部はそれらの輸送費が価格に上乗せされているからだと現地人から聞いた。

 基本的にぼったっくてくると思った方が良い。相場の1.5倍までは我慢したが2倍以上を言ってくる奴らには抗議した。ただし、観光地や都市部では相場そのものが変わってくる(観光地なら2倍は当たり前)ので我慢した。まぁ言っても50円とか100円とかの違いなのだけど、現地ではその金があれば水1.5Lペットボトルが買えたりするので馬鹿にはできない。しかし後半では言い争いに疲れてどうでもよくなってしまったけど。

 COMと呼ばれる定食は店先に展示されているおかずを選んで盛り合わせのご飯と食べる料理である。通常これらにはスープと醤油の様なタレ、セルフサービスのお茶とセットになっているが、ない場合もあるのでその時ははずれである。

 ベトナム料理名は規則性があり、料理名-具材名と言った形になっている。なのでCOM GAはチキンライス(GAが鶏肉の意味)。Pho BOは牛肉フォー(BOが牛肉の意味)と言ったように具材を選べるようになっている。

 飲料水はベトナムからはすべて購入することにした。値段が安いというのもあるし、ベトナム戦争によって一度インフラが破壊されている為、水道水が安全がどうか不明な為。ただ、定食屋でセルフで飲めるお茶は、最初すら警戒していたが途中からがぶ飲みするようになった。携行する水は日中の気温上昇により温くなっており美味しくないのに対して定食屋で飲めるお茶は氷で冷たくなっており、あれにはあらがえない。

 定食屋、特に米料理は朝の時間帯は営業していない。朝やっているのはPhoやBunの麺類のみ。また2時過ぎといったお昼時を過ぎると定食屋は営業終了してしまうので食料補給には注意が必要だ。
 麺屋は大体いつの時間でも食べれることが多いが、ヘルシー過ぎてすぐに腹が減ってしまうのが難点。朝には食べやすくて良いのだけども。

 ベトナムでは生野菜が料理に付属することが多い。特に面料理。香草なので薬味としての役割なのかなと思う。また、カボスみたいな柑橘の半切りみたいのをPhoに入れるのがベトナム流。ビタミンをとれるように考えられていて素晴らしい。ただ、生野菜は洗浄が中途半端な場合が多く、寄生虫のリスクは常にある。

 衛生面は中国より悪い。コップは使い回しだし食器は井戸水で軽く洗い流しただけと言った店も多い。お粥に小蟻の死骸が入っているのは当たり前だしスープにコバエが浮いていてももはや当たり前すぎて何も思わなくなった。不潔だなあと思っていたのだけれど、ベトナム人が食べる前にティッシュで箸やスプーンを拭いているのを見て現地人でも不潔だと思っているのが分かりびっくりした。

 夏暑いベトナムでは水分補給が重要になってくるが、水自体の携行は最低限で良い。何故なら国道沿いにカフェやジュース売りの出店が沢山あり、補給が容易な為。

■宿泊地
 ベトナムでは野宿無し。すべて宿に泊まった。理由としては外は蒸し暑くてそんな中で野宿なんてしたくないと言ったのが本音。宿代はドミで10万ドン(約500円)前後。個室で13万から25万といったところ。NHA NGHIというのが日本で言う民宿にあたるのでそこで交渉をして泊まっていた。後半に気づいたのだが、扇風機のみの部屋を指定すると10万ドン台で泊まれるということが分かった。大体エアコンのついたそこそこの部屋を紹介されるので中盤まではエアコンのついた普通の部屋に泊まっていたが、後半から扇風機のみと初めから指定すれば通常の半分程度で泊まれるとわかったので途中からは扇風機のみの部屋を探していた。

 ホテルとは民宿は単語が違う。民宿はNHA NGHI、ホテルはKHACH SANである。

KHACH SANの方が建物の外観がしっかりしていて、NHA NGHIよりも高かった印象がある。

 ちなみに現地に住んでる日本人に聞いたらNHA NGHIはラブホだよと言われた。

 宿によっては水のペットボトル2本が無料でついてくるので安心して飲んでよい。(中国では有料が多かった)

 ベトナム宿の変わっているところとして注意しなければならないのはパスポート預かり式の宿が多いこと。料金は後払いでチェックインの際にパスポートを宿に預ける。チェックアウトの際に料金を支払い、パスポートを返してもらうのが一般的。ただしバックパッカー宿ではパスポートを預けるか、前払いにしてパスポートを預けないかは選択できる場合が多い。田舎町にある宿では大抵パスポートを預けるように言われるので、最初はかなり抵抗があったが途中からは慣れた。気を付けなくてはならないのは偶にパスポートを返し忘れる宿があるので、必ずチェックアウトの際にはパスポートがあるか確認すること。2回程パスポートを返し忘れられたことがあり、出発後直ぐに気づいて事なきをえた。

 NHA NGHIは1階が受付兼駐輪場になっていることが多い、その為1階に自転車を留めて2階に宿泊するパターンも多かった。この場合自転車を部屋に入れられないので不安なのだが案外セキュリティ的には大丈夫なのか盗難されることはなかった。

・探し方:大抵は看板が道路上にでているので、それを見て宿を決めていた。経験としては国道から少し離れた場所にある宿が安い。国道に面している宿は高い傾向にある。
NHA NGHIは1階が受付で部屋は2階以上にあるタイプが多かった。NHA TROも宿の一種だが余り見かけない。モーテルタイプというか1階に部屋がずらりと並んでいて、自転車毎入れることも多かった。英語で書かれている事は観光地以外ほとんどない。その為「NHA NGHI」の単語を知らないと宿探しは苦労するだろう。

WIFI・電源
 泊まったすべての宿にWIFIがあった。当然電源もある。中国と同じでコンセントの変換プラグは不要。
■道路・交通マナー
 2019年現在国道1号線はすべて舗装されており走りやすかった。国道沿いには個人商店が数キロおきに存在しており、水分補給には事欠かない。逆に国道から一本離れると補給は難しくなる。マナーは悪い。クラクション、逆走当たり前。特に都市部ではバイクが多く、いつもひやひやしていた。ベトナムでは車に高い税金が課せられている為、バイクの所持率が高い。そしてHONDAと言えばバイクの代名詞になっている。バイクの多さはHONDA、YAMAHA、SUZUKIの順。基本的にはHONDAかYAMAHA

 定期的に料金所が存在する。ただし、対象は車のみなので2輪車は横から素通り可能。

 道路上で検問も定期的に見かけた。対象はトラックなどの積荷がある車が多い。あとベトナムではバイクのノーヘルは違反になるのでノーヘルで捕まっているバイクを何台か見た。
自転車店
 中都市であれば1軒程度は自転車店が探せばあるので、簡単な修理なら可能だと思う。高度なメンテナンスならハノイホーチミン市でやるしかないだろう。
■トラブル

 ベトナム中部でPhoを食べていたら店主がホモで襲われかけた。

 後輪シャフトが折れた。

 出国時に賄賂を要求された。断ったら地元民用の通路に並ばされて20分近く待たされた。